任意売却で笑う方法

競売を避けて任意売却

住宅をローンで購入して債務が残っている状態で何らかの事情によって返済ができなくなると最終的には住宅は差押えになってしまいます。差押えになった場合は競売にかけられて債権者に割り振られますが、競売の場合は相場よりも安く売却される傾向があります。
競売ではなく任意売却をすれば競売よりも高く売れて金銭的なメリットがあります。さらに競売のように近隣に知られる事もありませんし、退去までの期日を任意売却なら相手と交渉して決める事ができます。
債務が返済できずに売却する場合の任意売却は買い手が見つかれば売却が成立するのではなく、債権者が売却額などの内容を確認して合意してくれなくては成立しません。債権者が合意してくれない場合は債務者の意思に関係なく競売の手続きが始まります。

任意売却を上手く進める為に

債務の返済ができなくなって任意売却をする場合は買い手を見つける事も重要ですが、債権者に任意売却をする事に合意してもらわないといけません。債権者だけでなく、連帯保証人がいる場合は連帯保証人にも合意してもらう必要があります。
競売の手続きが進行して入札が開始されてしまうと任意売却ができなくなるので、利害関係があって任意売却に同意してもらわないといけない人と連絡が取れない場合は競売の手続きが進む前に連絡を取って合意してもらわないといけません。
任意売却は競売と比べて売却時の自由度が高いので、買い手を見つける段階で自由に条件を設定できます。それを活かして相手に納得してもらえて自分にもメリットのある条件を探っていくとお互いにメリットのある任意売却を行えます。